ニーハオ、蘇州♪ 

私の旦那さまは中国人、国際結婚しちゃいました。中国は蘇州市に住んでいます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

披露宴の始まり~

披露宴の始まりは17時半の予定でした。

しかし…

10分経っても、

20分経っても、

全員揃わず、

ずっと披露宴会場の入り口で立ちっぱなしだったのと新しい靴が合わなかったのか、

いきなり足がつってしまいました

花嫁姿のまま足がつってしまって(しかも両足)本当に焦ってしまった

幸い、高校からの親友が同じバスケ部マネージャー仲間だったので、

すばやく応急処置をしてくれました。

それに、ホテル側のスタッフも頼んでいないのに、

椅子を用意してくれたり、あたたかいタオルで足を温めてくれたり本当に助かりました


30分遅れて、披露宴は18時にスタートしました

暗い会場で最初に私が手作りしたオープニングビデオを流しました。

ドアの隙間から覗くと、

会場の皆さんがオープニングビデオに釘付けになっているのが見えました。

一生懸命作った甲斐がありました

そしていよいよ入場です

まず旦那さまが入場しました。

「続いて新婦、お父様と入場です!」と司会者の声が聞こえ…

「よし、行くよ!」と私がお父さんに声をかけ、2人でドアを開けました。

スポットライトがぱぁっと当たりました。

小さい声で、「いち、に、さん、し…」と声を掛け合いながらゆっくり赤いバージンロードを歩きました。

お父さんはとっても背が高いので、とても男らしく見えたそうです。



真っ暗い会場にスポットライトが眩しく、

披露宴に来てくださった皆様の顔が全然見えなかったけど、

ステージで待っている旦那さまだけがよく見えました。

ようやく旦那さまの元に辿り着き、お父さんと深い礼を交わしました。

その瞬間、私はもうだめでした

泣きそうでたまりませんでした。

旦那さまの目にも涙が溜まっているの見えました。

お父さんの顔は並んでいたから見えなかったけど、きっとお父さんも寂しい気持ちでいっぱいだったかもしれない。

お父さんが私の手を、旦那さんに託しました。

私達は、手をつなぎながらステージに上がりました。

人前式のスタートです

司会者(出会ってから6年…やっとこの日を迎えられた2人…)

この言葉を聞いて、旦那さまが泣いてしまいました

私達にとって、この日を迎えられたことは「やっと」のことだったからです。

私のカナダワーホリ、彼の中国帰国、2度の遠距離もありながら、

やっとこれから2人、一緒にいられるから…


皆さんの前で誓い、

誓約書にサインをし、指輪交換、誓いのキスをして人前式は終了しました。


  111.jpg



続いて…

彼の会社の日本人上司が挨拶してくださいました。

会社ではの国際結婚になるのだそうです。

感動あり、笑いありの上司の挨拶を終え、

次は、お父さんの挨拶です。

中国の通訳の方から「函館弁わからないかもしれないから、事前に内容を教えて」と言われ、

挨拶の内容を知っていたのにもかかわらず、

「父親として複雑な心境でございます。」という言葉を聞いて涙がほろりと頬を流れました。


続いてお義父さんの挨拶です。

こっちは中国人だから同時通訳で大丈夫と言っていた通訳さんは、

お義父さんの話す東北弁がわからなかったらしく「こっちのほうが事前に内容聞いとくべきだった」と

言ってました。

もう大笑い


新婦の父、新郎の父の挨拶が終わり、
新郎が乾杯の挨拶をして…食事が始まる予定でした!


それなのに…

司会者「続いて~シャンパンタワーです!」


私達「えっ??」

まぁ、でも司会者がそう言ってしまったなら仕方ない。

流れを知っているのは、私達と司会者の3人だけだし…

笑顔でシャンパンタワーを終えました。

  satto223


司会者「続いて~ケーキカットです!」

私達「え???」

食事の前に全部やってしまうつもりですか???

乾杯の挨拶の後に、

食事を運んでとホテル側に言ってあったので…

会場にはまだ料理が運ばれていません。


まぁ、こんなハプニングがあってもいいかなと開き直りまたまた笑顔でケーキカット

  000.jpg


今回、

結婚会社にプロの司会者を勧められたけど…

披露宴に来てくださった約半数が日本人だったのと、私の家族が一切中国語がわからないので、

日本語も中国語も得意な彼の会社の同僚にお願いしたのでした。

披露宴の進行は上手じゃなかったけど、

笑える日本語を話しながら、時々中国語の通訳を忘れて、ずっと日本語だけで進行してたり、

なんだかアットホームな面白い披露宴に変わっていきました。



そして、

あっという間に…

司会者「新婦お色直しの為、退場です!」

「もう退場???」


みんなの食事が始まる前に退場させられたのでした




つづく…






*Comment

ごぶさたしています 

久しぶりに来てみましたが、ブログデザインも新しくなってきれいですね!
いよいよ始まったんですね!しかし、中国でもかなり日本的な結婚式できるんですね。まだまだ色々落としどころはあるみたいだけど、かなり日本の結婚式みたいですよね?私もこんなふうなのして見たかったなぁ。
  • posted by かりん 
  • URL 
  • 2010.03/09 16:28分 
  • [Edit]

かりんさんへ 

お久しぶりです♪コメントありがとうございます!
結婚式の流れはほとんど私のアイディアなので日本的な感じになってしまいました。
披露宴に来てくださった皆様の約半数は日本人でしたしね☆
午前中の旦那さまが私を迎えに来るところから始まる儀式も楽しめましたよ♪
  • posted by こんぴよ 
  • URL 
  • 2010.03/10 09:39分 
  • [Edit]

ステキ! 

豪華なケーキだねっ!
日本的な式をこんぴよがプロデュースしたのねー☆すごい。
中国の”人前式”は披露宴の時にするのが普通なのかな?
どういうのが中国式なのかしら~?と疑問に思って。
続きと写真が楽しみよ~!!!!
  • posted by Rizzy 
  • URL 
  • 2010.03/10 13:28分 
  • [Edit]

Rizzyへ 

ありがとうー☆
中国の結婚式に出たことがないのでどんなのが中国式の披露宴か想像できないんだけど、
人前式を披露宴の中でやっちゃえ~と考えたのは私です!
2年前、私の親友が日本でそんな結婚式をしてたので私も真似しちゃいました。
会場の皆さんの前で誓いの言葉を言うのも結構感動ものだったよ☆

そうそう、ぱんだがホテルに私を迎えに来るところから始まる儀式は中国式よ♪

  • posted by こんぴよ 
  • URL 
  • 2010.03/10 15:58分 
  • [Edit]

いろいろと 

色々なトラブルも楽しみに変えてしまう。海外では大切な事だと思います。
てんやわんやだったみたいですが、返っていい方に転がったみたいで良かったですね。

  • posted by mimi 
  • URL 
  • 2010.03/11 07:52分 
  • [Edit]

mimiさんへ 

そう、そうですよね!!
何でも前向きに考えなくちゃだめですよね!
結果的にいい結婚式だったので、あとの失敗なんかはなかったことにしています(笑)
  • posted by こんぴよ 
  • URL 
  • 2010.03/11 13:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

こんぴよ

Author:こんぴよ
ようこそ、私のブログへ♪


プロフィール

私:こんぴよ  
1984年北海道生まれの日本人。


彼:ぱんだ  
1983年黒龍江省生まれの中国人。


2人の出会いは2004年、日本。
5年の交際を経て2009年に結婚しました。

中国は江蘇省蘇州市に住んでいます。

どうぞよろしくお願いします♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

FC2カウンター

フリーエリア

人気ブログランキングに参加しています

こちらもクリックしてくれたら嬉しいです

人気ブログランキングへ

(*^ー^)ノ 謝謝!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。