ニーハオ、蘇州♪ 

私の旦那さまは中国人、国際結婚しちゃいました。中国は蘇州市に住んでいます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せに気づく♪

昨日は、ちょっと曇っていたけれども暖かかったので旦那さまと平江路にお散歩に行きました


   2_20100321095922.jpg

特に予定がなくのんびりしたい気分の時は、

平江路をぶらぶらと歩きたくなります


お洒落なカフェがあちこちにあるので、なんだかカプチーノが飲みたくなっちゃって

そこで以前から気になっていた…

  3_20100321095921.jpg

『彼岸』というカフェへ入ることにしました

店内はお洒落で、

ゆっくりとした時間を過ごせそうでした


  1_20100321103247.jpg


私はこういう雰囲気が大好きです


 「さっき、来る途中のバスの中で喧嘩している夫婦がいたんだけどね…」

 「そうだっけ?そんな人いた?」

(全然分らなかった~)

 「喧嘩の内容が聞こえてきて思ったんだけど…

うちら国際結婚って大変なこともあるけど、メリットもすごくあるなって。

国際結婚しているうちらには絶対当てはまらない内容だったから」



そんな風に旦那さまが話し始めました。


そう、

私も常日頃から同じようなこと思っていました

中国人と国際結婚する=「苦労が目に見えてる」「大変だよ」と

悪い面ばかり言われてきましたが…

実に、お互い国が違うからこそ起きない摩擦もあるし、

かなりお得で楽をしている部分がたくさんあるんです。

相手の短所だけが目に付いて、

長所はなかなか気づかないのと同じような感じですね



そんなことを話しながら、

改めて『幸せ』に気づいた2人なのでした


  4_20100321095921.jpg

カプチーノ、美味しかった~





私が浮気を…

今日朝起きて、最初の一言が…

 「こんぴよが浮気する夢みた~~」
でした



 「相手は中国人だった?それとも日本人?」と意地悪で聞いてみると、


 「日本人の有名音楽家だって!!!」
「名前までしっかり覚えてるんだから~」
「大川智子!!!」


 「女の名前じゃんか!」

 「まっ、夢だし~気にするでないよ。」
   「わたしなんか…前にあんたに隠し子がいた夢みたことあるよ~~」

と朝っぱらから夢の話で超盛り上がったのでした

夢って不思議。

本当に不思議。

明らかに面白い夢のときもあるけど、

現実とほぼ変わらないようなびっくりする夢だったり…

正夢だったり、

あれは夢だったっけ、それとも現実だったっけと間違うような夢だったりね。







お花が綺麗です♪

蘇州はあちこちにお花が咲き始めました~

本当に綺麗です

  7_20100318112711.jpg

昨日は、

「海苔巻きとキムチを作ったから取りにおいで~」と

ママから連絡が入り、散歩しながら義両親の家に遊びに行きました

旦那さんが仕事でいなくても、

たびたび私だけ呼び出され遊びにいくのです。


義両親の家の近くで写真を撮っていると、

旦那さんのいとことばったり会いました。

彼女も海苔巻きとキムチを取りに来たそうで…

一緒に家まで行きました。

2人で一緒に行ったので、

ママ「おや、おや!!」とびっくりしてました。


暇な主婦3人が集まり…女の会話が始まります

中国に来て3ヶ月目(もう!!)

耳もだいぶ慣れてきて、2人の会話が時々聞き取れます。

聞き取れて、会話に入っていける時はすごく嬉しいんです~


特に、いとこ(同い年)の話す中国語は聞き取りやすくて、

「聞き取りやすいよっ」と言うと…

「だって、こんぴよと話すときはゆっくり話してるよ」と言われた。

ありがたいな~

学校も行っていないのに、少しづつですが、中国語がわかってきて、

これも周りのおかげだなぁ~と思っています。

  6_20100318112711.jpg

綺麗

やっぱりお花を見ると心が癒されますよね。

お花大好きです!

             8_20100318112711.jpg


花屋にある花はほとんど名前を知っているけれど、

道端に咲いてある花や木になっている花はほとんどわからないから残念です。

今度は、花図鑑を見ながら散歩してみようかな~





毒素が溜まってる??

先週、旦那さんと2人でマッサージに行ってきました

日本にいるときは高いので、ほとんど利用したことがありませんでしたが、

中国は安い

リラクゼーション効果もあるし、中国に来てからよく利用しています

漢方の足湯をした後は、体が芯から温まります。


そこで、

以前から興味があった刮沙(gua1 sha1)というのを初めて試して見ることにしました。

刮沙とは…

水牛の角などで出来たヘラで、背中をコリコリとこする中国古来の健康法みたいです。
血流を良くし、毒素を排出する効果があると言われているそうです。


旦那さんは、吸玉を背中の皮膚に吸着させて血流をよくするカッピングというのをやり、

私は隣で刮沙をやりました。

ところが…

この刮沙、とにかく痛い!!

初めてだったということもあり、そして血流が滞っているのか、

背中をコリコリ擦られるたびに「痛、痛~!」と叫んでました。

「毒素、結構溜まってるよ」と言われちゃいました。

終わって背中を見た旦那さんが一言…

「すごいことになってるよ」


この通り↓


  痛い

階段から落ちて、背中を擦りむいちゃったみたいですね

毒素が溜まっているところが赤く反応してしまうみたいです。


でも、これ、

見た目はちょっと悪いのですが、

朝起きたら顔がすべすべつるつる

そしてあごに出ていたにきびも小さくなったいたのです

「なんだか、今日すごく肌の調子がいいんだけど!!」

「毒素取ったからじゃない?」

「なるほど~最高だね!!」

背中の毒素を取っただけで、

お肌にこんなにもいいなんて~

どんな高い美容液を使うよりもいいと思いました


お値段は確か…

刮沙「30元(約420円)」でした

女性のみなさん、お試しあれ





両親への手紙

日本の結婚式の定番となっている花嫁の「両親への手紙」。

最初は「恥ずかしいな…」と思っていたのですが、

旦那さんから「中国ではこんな演出絶対ないだろうから、是非やってよ!」と

強く勧められ「やろう!」という意志が固まりました。



日本を旅立つ前に一言も挨拶できなかったので、

この機会に今まで大事に育ててくれた感謝の気持ちを伝えたかったのです。


結婚式5日前、どんなことを書こうかと便箋を出してペンをとりました。

「パパとママへ…」

ここまで書いただけで、涙が後から後から溢れてきました

小さい頃に遊んでもらった思い出や、怒られたこと、

進路を決める時、楽しかった家族旅行、すべての思い出が頭の中をいっぱいにして、

しばらくは手紙がかけませんでした。

やっと書き終わった頃には、目が真っ赤に腫れていました。

仕事から帰宅した旦那さんに「書き終わったから読んで~」と言うと、


「どれどれ…  ごめん、俺も泣きそうでこれ以上読めない」

と手紙を返されました。


私が日本語で手紙を読み、彼が中国語で通訳することになっていたので、

家で読む練習もしようとしました。

でも、できませんでした。

「パパとママへ…」と読んだだけでどうしても泣いてしまいます

そして旦那さんもつられて泣いてしまいます。

「これは練習するもんじゃないね、ブッツケ本番で頑張ろう!」と

2人で決めたのでした。



司会者「それでは、花嫁から両親への手紙です」

「頑張ろうね!」とアイコンタクトをして、

旦那さんとステージに上がりました。

  45419300_2003022518.jpg

賑やかだった会場が一気に静まり、注目されました

大きく息を吸い込み、深呼吸

「パパとママへ

なんだか照れくさくてお礼も言わずに中国へ来てしまったけど、
今日は皆さんに祝福いただいているこの席でお礼を言わせてください。
今まで大事に育ててくれて本当にありがとうございました。
パパは寛大で理解のある父親です。私がやりたいこと、行きたいところ、一度も
反対したことがありません。
「やってみなさい」「がんばりなさい」の一言でいつも私の背中を押してくれました。
失敗もあったけど、そのおかげで人生の勉強になることのほうが多かったよ。
ありがとう。
ママはいつも明るく家庭的で自慢の母親です。仕事も家事も両立しながら、
大家族を引っ張っていました。ママのおかげです。
我慢強くて今まで一度も泣いたことがないのに、
私が中国へ旅立つ日に駅で一緒に泣きました。
こんなに遠くへ来てしまってごめんね。
2人には本当に感謝しています。これからもよろしく御願いします。」

読みながら、やっぱり涙を堪えきれずに泣いてしまいました。

彼も通訳しながら、やっぱり泣いてしまいました。

ステージからチラッと両親を見ると…

父は目を閉じながら、上を向いていました。

母はハンカチで目を拭きながらジーとステージの方を見てくれていました。


日本から来てくれた友達や親戚はもちろん、

彼の会社の中国人同僚達、化粧師さんまでも私達につられて泣いていました。

「両親への手紙」は国が違っても、感動するものなんですね、

やってよかったと思いました


感動した義父さんが私のところへ来て「これからよろしく!」と
言いながら握手をしてきました。

皆様から拍手をいただきました


旦那さんが「退場の挨拶」をして披露宴は終了

化粧師さんがすぐ私を控え室に連れて行って、

涙で崩れた私の化粧を直してくれました。

「いい?最後は笑うのよ笑顔、笑顔、そう!」

と笑わせてくれ、そして抱きしめてくれました。

完璧に戻った化粧とそして笑顔で、みなさんを御見送りました。


忙しい1日だったけど、

ハプニングもあったけど、

私達の結婚式が終わって本当に安心しました。


最初に入籍をしてすでに夫婦になっていたけど、

こうやって自分達の結婚式を自分達の手で作り上げ、成功させた後には、

何ともいえない満足感とそして夫婦で協力した達成感があります。

結婚式が終わってやっと本当の夫婦になったような実感もありました。

1日、お互い忙しくてゆっくり食事なんてできなかったので、

結婚式が終わって深夜にインスタントラーメンを食べたことも2人だけの秘密です。


  編集

出会ってから6年もの歳月を経てゴールインした私達。

お互い、別々の国で生まれて、今までそれぞれの人生を歩んできたけど、

これから歩む未来は一緒です。

  編集2

こんな風に手を取り合いながら、

これからも一緒に仲良く歩んで生きたいと思います

彼との結婚が決まって、

結婚式をどこでやるのか両家で話し合ったときに、

日本でやるか、中国でやるか、それともハワイなどの第三国にするのか、

迷いました。

結果、中国でやることに決めたのですが中国で結婚式を挙げて本当に

よかったと今は思っています。

予想外のハプニングも「中国だからねっ」と笑うことが出来て、

気持ちも楽でした。

心からそう思えます


長くなりましたが、結婚式の記事はこれで終わりです。

今まで読んでいただいてありがとうございました








Menu

プロフィール

こんぴよ

Author:こんぴよ
ようこそ、私のブログへ♪


プロフィール

私:こんぴよ  
1984年北海道生まれの日本人。


彼:ぱんだ  
1983年黒龍江省生まれの中国人。


2人の出会いは2004年、日本。
5年の交際を経て2009年に結婚しました。

中国は江蘇省蘇州市に住んでいます。

どうぞよろしくお願いします♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

FC2カウンター

フリーエリア

人気ブログランキングに参加しています

こちらもクリックしてくれたら嬉しいです

人気ブログランキングへ

(*^ー^)ノ 謝謝!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。